モコモコ☆甘えっこダップーのいるおうち+白トイプー

我が家のダップー(Mダックス×トイプードルのハーフ犬)の女の子 【モコ 】  & やんちゃな白いトイプードルの女の子 【みゆ】 との日々を綴った親バカてんこもりブログです♪

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

父の手

父が入院して1ヶ月ちょっと経ちました。
入院からしばらくは急変の恐れがあると担当医に言われ、
夜も常に電話を枕元に置いて寝ていました。
この1ヶ月の間は一進三退くらい?
熱が出たりしてまともにリハビリも受けられなかったせいか、
すっかり足腰が弱くなって、随分無表情になりました。

仕事が休みの日の昼間にお昼ごはんをちゃんと食べているか、
リハビリを真面目に受けているかチェックしに行っています。
あとこれ以上急激にボケボケにならないようにね

元気だったときは実家に行っても父の部屋をちょこっと覗いて
『お父さん来たよ』くらいしか会話しなかったなぁ。
帰りの父のセリフは決まって『気い付けて帰りや』

いま病院でたくさん父と会話をしています。
病院から窓の外の景色を眺めながら『エエ天気やね』と言うと
『5月の気候は一番ええなぁ』と答える父。。。へぇ~わりとしっかりしてるやん

私『お父さんって両手マスカケ線やのに、全然天下取られへんかったなぁ』
父の手a
父『そうやなぁ』
私『もしかして大器晩成やからこれから天下取るん?』
父『いやぁ~もう遅いなぁ』

姉もほぼ毎日仕事帰りに父の様子を見に行っているそうです。
『○○は今日は仕事か?』と姉の事を聞くので、
『お姉ちゃん多分夕方来てくれると思うよ。お姉ちゃん来てくれたら嬉しい?』
と尋ねたら
『お姉ちゃんだけやのおて来てくれたらそらぁ嬉しいわ』
うわっ・・・・結構しっかりしてる

その割にポケットの辺りをごそごそするから『お父さん何してるん?』
と聞くと『タバコないかなぁ』
『ここ病院やからさすがに無いわ~お父さん』 『そーかぁー』
私『お父さん今日も朝からリハビリで歩いたん?』
父『歩くどころか、走れますよ』
私『そっか、今度走ってるとこ見せてな』
うなずく父
この自信満々は一体どこから来るんやろねと姉とよく話しています(^_^;)

今移動は車椅子ですが、リハビリでは歩く練習をしています。
発熱してガタッと足腰の筋力が低下してしまった父と、
リハビリの時手をつないて一緒に歩いています。
父と手をつなぐなんて何十年ぶりかなぁ?
いっぱいいっぱい働いてきたごっつい手。
いつの間こんなにしわだらけになったの。

『お父さん私帰るね。バイバイ』というと
そのごつごつした手をいつも振ってくれる父。

今面会に行って父とのやり取りがなんかすごく面白い。
実は姉も同じように思っているようで、
今日はこんな事言いはったでとかケラケラ笑いながら電話でよく話しています。
あんなに憎たらしいおっちゃんだったのに、今はなぜか愛しくてしょうがない。

お父さん明日もリハビリ頑張ろうね。
スポンサーサイト

| 家族の事 | 2017-05-31 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

父からもらったもの

GWが終わったら一気に夏になりましたね~。

今日は全然モコみゆとは関係のない話です。

実は私の父が4月後半に体調を崩し救急搬送されたんです。
きっと若いころからの不摂生が祟ったんでしょう。
家族の事を少しも顧みず、頑固で本当に自分勝手に生きてきた人なんです。
でも弱りゆく姿を見ていると、なんとも言えない感情が湧き上がってくるもんですね。
クラッシックが好きな父にスマホで『カルメン組曲』を聴かせながら
これ何か知ってる?と聞くと『当たり前や』みたい顔をしてニヤっと笑いうなずく父。
『お父さん私が子供の頃カルメンよう聴いてたけど、カルメンが一番好きやったん?』
と問うと『いや、椿姫』との返事が返ってきて、へぇ~そうやったん(^O^)
最近急に認知もすすんできて、すっかり昔の荒々しさが無くなってしまいました。

常々私は父からお金以外の何ひとつ与えられていないと思っていましたが、
とても素晴らしいものをもらっていることを思い出しました。
【涼やかで清らかな女性であれ】と私の名前は父が付けてくれたんです。
私は父が付けてくれた自分の名前が子供の頃から大好きでした。
あまり家族を顧みない人でしたが、私の誕生を喜んで私の幸せを考えて
こんな名前を付けてくれたんやね~お父さん。
私がクラッシクが好きなのもお父さんの影響。
茶道や華道に興味を持ったのもお父さんの影響。
そうそう、あまりうれしくないけど骨太で筋肉質なところも。
お父さんからもらったもの、結構あったわ。

知り合いから例えば喪中はがきを受け取ったりしても、
自分の周りはみんなそこそこ元気だったので、
なんとなく今までピンとこなかったんですが、
ああ、親は決して不死身ではないんだということを改めて思い知らされました。

お父さんに明日は蝶々夫人でも聴かせてあげよっかな

| 家族の事 | 2017-05-15 | comments(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |